京成撮影8月10日の撮影記録

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます

コミックマーケット941日目に戦利品を購入した管理人は午後になっても時間が余りに余っていたので冬コミ同様に京成線の撮影へと出向いた

車両京成3700形3848F

普通列車ということで種別灯は点いていなかったので6次車の3700形は優等種別の時に撮影するのが通常と思わされた

車両3700形3728F

これまでは菱形パンタグラフの3700形を見慣れていたのでシングルルームの3700形を見慣れるのはもう少しと言ったところだ

車外は3728Fまでは種別表示の下に出っ張りがあるのが特徴で車内には車椅子スペースが無い

車両京成3400形3448F

初代スカイライナーの足回りを再利用して走る3400形は車体は丈夫でも足回りは老朽しているので3600形よりも先に引退を迎えるかもしれない

車両3400形3408F

太陽が雲に隠れてしまったので影ってしまったのでボツな写真となってしまった

車両3400形3418F

快速特急で走る3400形を撮影

過去にも撮影したことはあるが3000形の導入や管理人の忙しさで撮影をしに行くことが減っているので今後撮影することはできるのだろうか

車両3600形3648F

佐倉〜西馬込を快速運転する3600形

過去にも快速運転をする3600形は何度か撮影しているが本線特急の撮影だけは多くは撮影できていないので記録不足をしていると思う所だ

車両3700形3718F

3728Fはシングルルーム化されたが3718Fは菱形パンタグラフのままであった

順次更新されていくと思われるので菱形パンタグラフの3700形が見れる時間は短くなった

車両3600形3638F

他の3600形に比べて先頭の帯が剥げている

種別灯は点灯していなかったので特急や快速特急で撮影するのが手段なのかもしれない

車両3600形3678F

最後に普通で走る3600形を撮影した

この日の3400形や3600形は都営線直通の運用に就いていたので思ったよりは撮影することができた

年に数回は京成の撮影へ出向くが忙しい管理人なので撮影できるうちに撮影しているが物足りなさがあるのが現状である(写真だけでなく動画にも熱は入れているが)

それでは今回はこれにて失礼します